段ボール

軽による運送業者も選択肢

男女

軽貨物は軽自動車を利用して依頼された様々な物を運んで、目的地まで届けることができます。この軽貨物には通常の中型トラックや小型トラックによる輸送にはない魅力があり、支持されています。中型や小型トラックで運ぶ場合、狭い路地や曲がり角がある住宅地に荷物を運ぶのには適さない場合があります。狭いエリアが続くような住宅地で通常のサイズのトラックが大量の荷物を運ぶ場合、担当者はトラックが停められる場所にトラックを置いて、手で運ぶことになります。1回で運べる量には自ずと限界があり、何度もトラックに戻って運ぶ必要があるため非常に効率が悪くなります。その点、軽貨物ならその小さなボディを生かして、狭い場所に入っていき、多くの荷物を運ぶことができます。軽のトラックやバンというとボディが小さいので、あまりたくさんの荷物が運べないというイメージを持たれがちですが、実際にはとても多くの荷物が運べます。ビールケースなら車両によって多少の差はあるものの、36ケースほどは運べますし、小さなソファや家具も運ぶことさえ可能です。しかも、軽貨物にはスポット便やチャーター便という便利な使い方ができます。大きなトラックが入り込めないような地域や騒音が排気ガスが目立ってしまう住宅地などの場所を指定して特定のルートだけの配送を依頼することができます。また、配送時間帯を指定したり、お中元などで配送が増える特定のシーズンだけで軽貨物便を貸し切るという使い方も可能です。毎年、特定時期だけのためにトラックドライバーを臨時雇用したりして余計な経費がかかるのを防いでくれます。また、軽貨物という特長を生かして配送にそれなりに気を遣うことが要求されるデリケートなものを運ぶのにも軽貨物は適しています。特にペットブームにより需要の多いペットの配送はドライバーと同じ空間にいながら、ボディが小型のために目が届きやすく、その強みを発揮します。